台湾は占いだけじゃない、龍山寺でおみくじ
龍山寺でおみくじ

台湾旅行といえば占い横丁が有名。銀座の母ならぬ「台湾の母」そして行天宮や龍山寺の駅地下には占いのお店がズラリ。日本人の方に意外と知られていないのが、台湾のおみくじ。否、見たことはあるかもしれないけれど、中国語だし少し敷居が高いと感じているかもしれません。心配されることなかれ、台湾のおみくじは無料な上に解説ありとサービス満点な龍山寺でのおみくじの引き方をご紹介します。

小籠包専門店を2軒ハシゴしたら、腹ごなしのお散歩も兼ねて龍山寺へ。最近、道教廟へ行くことが多かったからやや久しぶりです。

台湾に来たら龍山寺

門を抜けるとお線香の煙と香りが漂いお寺に来たなぁと感じます。

台湾の龍山寺

入って右側のカウンターではお供え物が購入ですが、お線香一人一本までは無料でいただけます。このお線香が非常に優れもので、なかなか燃えません。寺内にある複数の仏像にお詣りする際は、お線香を持った上で巡るのが台湾流ですが、ぐるっと一巡りしても途中でなくならないようになっているんですねぇ。戻ってきたら中央のお線香立てに。

龍山寺でお線香をいただきお参り

さて今回は台湾流のおみくじを引いてみましょう、と言うことでお詣りを済ませたら早速、茭杯(ジャオ・ベイ)と呼ばれる赤い三日月形の木片を2つ使い、おみくじを引いてもいいかお伺いをたてるところからスタート。まずは「名前・生年月日・住所・お願い事」を心の中で唱え、おみくじを引いてもいいですか?と訊ね、茭杯を投げます。この時、ひとつずつ表・裏と交互に出ればおみくじ引いても大丈夫。「何語で聞けばいいですか?」と聞かれることもありますが、神様はマルチリンガルだと信じ、日本語でもOKでしょう。要は気持ちです。一つの願意で茭杯は3回まで振って良いとされます。3回振っても表裏が出なければ、別の日に改めて。

おみくじ引いてもOK、となったら大抵両側にあるジャラジャラと長い竹棒のおみくじをガバッと取ってバサッと戻し、1本だけ引きます。この豪快に「ガバッと取ってバサッと戻す」がなんとなく大事なので、1本だけ静かに引かないでくださいね。

まだ続きます。今度はこのおみくじを持ってもう一度茭杯を振り、このおみくじ(番号)で良いですか?と訊ねます。表・表や裏・裏が出たら、このおみくじじゃないのでもう一度おみくじを引き、お伺いを立てます。表・裏と交互に出たら、竹棒を元に戻し、後ろにある箱から紙のおみくじをいただきます。

龍山寺でおみくじを引く

おおぉ〜、大吉(上上)です!この引き出しの上には解説本が置いてあり、英語版もありますが、せっかくなので處籤解(チュウ・チアン・シェ)で解説をお伺いしてみましょう。混雑具合にもよりますが、正面から右側に少し進むと本殿の横あたりに窓口がいくつかあり、割とすぐにお話を聞いてくれます。年配の方がいらしたら大抵日本語ができますが、英語はみなさんOKみたいです。「日本語可以嗎?」(日本語できますか)と聞いてみたら「中文可以嗎?」(中国語できますか)と聞かれてしまいました、笑。結果、英語で解説を。「願意はどんなこと?」と聞かれたので、2019年中に結婚したい!、とお伝えしたら、大吉なのでOK!とのこと。ヤッター!

龍山寺のおみくじ、大吉

帰国後、すごいサイトを見つけてしまいましたのでここに転記しておきます。なんと、龍山寺のおみくじに書かれている解説を和訳されている、すごい人がおられます。ありがたや。過去におみくじ引いたよ、と言う方もぜひご参考あれ。
http://tw-cai.blogspot.com/2013/10/blog-post_88.html

龍山寺おみくじ解説47番
(甘口男さんのHPより抜粋、リンクは上記参照)

大吉にウキウキしたら友人のリクエストでバーワンを食べに、龍山寺近くのお店へ。肉圓は普通語では(ロウ・ユェン)ですが台湾語読みでバーワン。台湾人の友達曰く、バーワンは南がおいしい、とのことですが今回は台北のみなので、調べて老舗と言う蘇家肉圓油粿へ。

台北でバーワン肉圓を食べる

バーワンも初な私。今まで台湾人さえも勧められなかったところを見ると、台湾でもさほど人気じゃないのでしょうか。ちなみに初めて行った台湾で、到着したその足で連れて行かれ、毎日いただいたのが珍珠奶茶、タピオカミルクティー。旅行のついでに台湾オフィスにチラッと寄った時も、台北の同僚が買ってきてくれました。珍珠奶茶は台湾人も大絶賛オススメするご当地グルメ。

話が逸れましたがバーワン。米粉やタピオカ粉で作られたプルプルとした軽いお餅のような皮の中に、肉あん、タケノコ、栗などが入っています。パクチーがダメな方は「不要香菜」(ブー・ヤオ・シャン・ツァイ)と言えばパクチーなしでくれます。バーワン自体にはあまり味がなくて、ちょっと甘い白味噌のようなものがかかっています。前評判通り、お腹空いてたらもっとおいしかったかもしれないけど1回食べたら満足、と言うのが正直な感想。肉圓45元(約150円)。

台北でバーワン肉圓を食べる

腹ごなしと言いつつ、着いてから食べてばかりなので、食べるのはこのくらいにして龍山寺前の商店街を冷やかしつつ、隣駅の西面まで歩いて移動しました。この商店街は昔懐かしい感じで昔は鶏肉屋さんの裏でニワトリが、コケーコッコと騒ぎ、その場でさばいてる様子が見られましたが、今はそう言った光景はさすがに見られず。友人曰く、鳥インフルエンザとかSARSとかいろいろあったからでは、とのこと。確かに。

台北の西門エリア

途中、剝皮寮歴史街区(後日アップ)でフォトジェニックな写真を撮りつつ10数分歩くと着きました、西門町。この日はここから九份行きのツアーに出発するのですが、待ち合わせの15時半まで一杯ビールでも飲もうかなぁとぷらぷらしましたが、学生街につき飲み屋よりお茶屋の方が多め。そんな訳でタピオカティー飲み比べをしました。

2019年の台湾事情によると、昨今台湾で流行りなのはタピオカミルクティーではなく、インスタ映えするタピオカミルクとのこと。とあるランキングで2位くらいに食い込んでいた幸福堂を見つけたのでタピオカミルクをゲット。黒糖で煮てトロッとしたタピオカをカップに入れ、しっかりカップの側面にソースを絡ませたら、ミルクをそっと注ぎます。(ボケてますが)マーブルのキレイな紋様が現れ、写真映えするとのこと焰遇幸福黑糖珍珠鮮奶55元(約190円)。感想は、牛乳が苦手な私は、、、タピオカミルクティーの方がいいタピオカミルクは甘さや氷の量が調整できないから特に。

幸福堂のタピオカミルク

写真撮るの忘れたけど、このエリアでお茶屋さんの天仁茗茶を見つけたので、こちらで高山烏龍茶珍珠入り、微糖、微氷60元(約210円)をお口直しにいただきました。私はこっちの方があっさりしていて好きです。

そうこうしているうちに、待ち合わせ時間近くなったので西門駅3番出口に向かうと、乗合タクシーが待ってくれていました。さあいよいよ、九份へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事