nearMe.で成田までラクラク

「来週からの海外旅行楽しみだなぁ」と航空券を見てビックリ、出発時刻が早朝だったということはありませんか?朝の早い時間は特急がなかったり、電車の本数が少なかったりして通常より空港まで時間がかかる上に、そもそも朝4時に起きられるかどうか不安。そんな悩みから解放されるnearMe.で旅をしてきました。

空港送迎サービスnearMe.乗り心地

都心の自宅までお迎え、成田まで約1時間3950円のnearMe.とは?

成田空港までタクシーで行けたらなぁ。そんな願いを叶えてくれるのがアプリサービスのnearMe.です。自宅まで迎えにきてくれるのに、成田エキスプレス3,000円、リムジンバス3,200円とほぼ変わらない値段。20201月時点では都心の一部エリアからしか利用できませんが、墨田区の自宅からdoor to door、約1時間でラクラク空港まで送り迎えしてくれる画期的なサービスなのです。

乗合シャトルサービスの仕組みとは

nearMe.がなぜ1人一律3,950円で成田空港まで送迎できるかと言うと、集合シャトルサービスという仕組みを利用しているからなのです。わかりやすく説明すると、乗合タクシー。同じエリアにいる複数の人の行き先が同じ場合、タクシーをシェアすることでやすくなるという仕組みですね。日本ではタクシーの乗合は法律で禁止されていますが、法の穴を見つけて実現したサービスを提供しているのがnearMe.で空港送迎以外にも都内で乗合タクシーを実現するサービスを提供しています。(違法ではありません、たぶん)

早朝フライトの成田前夜泊ユーザーにもオススメ

いつもはチケットを予約する際、やむを得ない場合を除き午後便をしていするのですが、今回は酔っ払ってチケットを予約したこともあり、詰めが甘かったことに気づいたのはEチケットが送られてきた時。午前95分出発のフライトタイムを見て「あー今回も成田前夜泊だな」とホテル予約をする予定でした。

というのも私は翌日早朝に起きなければと思うと緊張して寝られなくなってしまうタイプだから。成田空港までは自宅からでも1時間半くらいと特別遠いというわけではないのですが、ここ数年は朝10時くらいまでの時間に出発する便に乗る際は余裕を持って前泊するようにしています。成田空港近辺のホテルはシングルでも3,5004,000円とリーズナブルですし、郊外なので部屋も広くゆったりすることができるんです。

申し込みはウェブから3分、あとは待つだけ

そんな時見つけたのがfacebookからの広告で流れてきたnearMe.の先着100名半額キャンペーン。興味があったのと半額になるかもと言う期待に吊られて早速予約してみました。予約はウェブから出発地、出発日、フライトナンバーと人数を入力するだけ。チャイルドシートなどにも対応しているようです。全ての情報を入力したら、支払い方法を選び完了。予約に必要な時間はわずか3分。

予約完了=手配完了ではないので気をつけて

ここで気をつけなければならないのが予約完了=手配完了ではないということ。乗合タクシーということは同じ方面に向かう人が複数人いなければ手配が完了しない可能性があるということ。例えば早朝深夜のフライトが少ない時間帯や同じエリアの利用者が少ない場合は手配ができないということもあるようです。私の場合、往復を同時に申し込みしたところ帰りのシャトルはすぐに手配完了しましたが、行きは時間が早いこともあってか手配完了まで約2日かかったようでした。

前日までに送迎車およびドライバー情報がメールで届く

「いよいよ明日は出発」ワクワクが最高潮の前日午後1時半頃、nearMe.からピックアップ時間、ピックアップ場所、車両情報、ドライバーの連絡先がメールで送られてきました。申し込みの際、シャトルサービスの全容がまだよくわからなかったこともあり、自宅まで送迎なのかどこか近くで待ち合わせなのか分からず、自宅住所を全て記入していなかった私には別途「お迎え先の住所をお送りください」とご連絡がありました。

空港送迎nearMe.車内は清潔

5分前には待ち合わせ場所で待機ラクラク乗車

我が家は少し入り組んだ分かりにくいエリアにあることもあり、ピックアップに指定したのは家の近くのマンション前。朝6時待ち合わせのところ少し早めに到着すると、まだ夜明け前の寒い中、私の名前カードを持ってお待ちいただいてました。スーツケースを預けて車に乗ると、先客は2名のみ。車はそのまま首都高に入り、成田空港へ向かいました。

高級車ではないけれど快適な乗り心地

今回送迎に使われたのはトヨタのハイエースという、ワゴン車としてあまりにも有名な車です。見たところ新車ではなく中古車のようですが、シートは黒の革張りですわり心地も良く、運転もとてもスムーズでした。ドライバーは中国人の方のようでしたが、横にタクシー運転手のプロのような日本人のおじさんが着いていて、適宜アドバイスをしていました。ウェブ情報によるとnearMe.はジャパンタクシーと提携したようですので、サービス面のレベルアップを図るための研修制度のようなものかもしれません。

nearMe.車内から見る朝焼け

 

予定では約1時間で空港まで着いてしまうのでなんとなく寝ることもできず、うっすら夜明けの空を見たり、ニュースを読んだりしていたらあっという間に成田に着いてしまいました。高速を降りるといつも泊まる空港近くのホテルが見えてきて「いつもはここに泊まるんだったなぁ」なんて考えてたら、成田空港第2ターミナルビルに到着です。所要時間は1時間10分、途中ほとんど混雑もなかったのでほぼ時間通り、スムーズな旅でした。

一度乗ったらやめられない快適な空港までの旅

さて、初めて乗ってみた成田空港までのシャトルサービスは「安心、簡単、快適」。nearMe.からは一円もいただいていないのですが(笑)、もう大絶賛でオススメしちゃいます。今回は早朝フライトということもあって申し込んでみましたが(違った、先着100名半分キャッシュバックキャンペーンだった)特に荷物の多い方などは本当にオススメ。荷物を空港に送る場合、出発の2日前に発送しなければならないし、宅急便のコストプラス交通費を考えると、案外nearMe.の方が安くつくんじゃないかな。

nearMe.車内ではWiFiあり

今回はサービスインしたばかりで利用人数が少なくても手配されたのかもしれませんし、私の自宅が都心西エリアだったり首都高の入口が近いこともあって約1時間という短い時間で到着したのかもしれません。たとえ2時間かかったとしても、大きな荷物を持って電車の乗り換えをしたり、階段の多い都心を移動するよりは自宅前でピックアップしてくれる方が絶対いいです。

現在はサービスエリアが千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区と都心15区に限定されていますが、今後のサービス拡大に期待ですね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事